★★★反原発・反二酸化炭素排出権ビジネス 京都議定書日本の支払額 約2.78兆円
http://blog.trend-review.net/blog/2008/06/000738.html
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索

カテゴリ
リンク
プロフィール

 Executive Order 11110

 Executive Order 11110

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
天気予報

  真実を読み解く
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.07.13 Wed 02:37
報道されない米国の原発事故('11/6/7~)+米国原発でトリチウム汚染
●米国 フォートカルフーン原発 水没で冷却停止

2011/6/7、ミシシッピー川の大洪水がネブラスカ州のフォートカルフーン原発を襲った。洪水が原発の敷地内に浸水した影響で、6月9日には電源スイッチ室で火災が発生し、使用済み燃料の冷却装置が停止した。連邦航空局(FAA)は6日、同原発の上空を飛行禁止区域に指定した。
http://uskeizai.com/article/210320111.html

●続報
パキスタン誌 The Nationによると、ロシアの連邦原子力機関(FAAE)が作成したレポートでは、フォート・カルフーン原発は6月7日にミシシッピー川の大洪水に襲われた火災が発生し使用済み燃料プールの冷却に『壊滅的な』損失に苦しんでいる。その結果、原発付近の上空は飛行禁止区域に指定されている。

ロシアの原子力専門家は、同原発のオーナーであるオマハ公共電力地区(OPPD)の発表は『完全な嘘』で、同事故はINES(国際原子力・放射線事象評価尺度)に照らし合わせるレベル4の事故で、アメリカの最悪の原発事故の一つとなるとしている
http://uskeizai.com/article/211004823.html


●米国は放射線破局の瀬戸際に立った
米国では、65原発中の48原発で超重トリチウム(3重水素)が地下配管の老朽腐食で漏れ出て、地下水が汚染されていることが記録されている。汚染水レベルは37原発で許容限度の750倍の濃度だ。これが土壌から地下水へ入っている。3重水素はガンを起こすから、ネットで嵐のような議論が起こっている。

  土壌と地下水が、許容限度の750倍の濃度で汚染されているから、これは当然、地上の農作物を放射線汚染して、今後早晩食べられなくなる可能性が大きい。
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/84.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たまたまネット上で見つけて驚いたニュース。原子炉は一時期集中的に作られたので、当然、老朽化する時も一斉にガタガタになる可能性が高いと思う。原発の使用済み燃料の廃棄や廃炉について、根本的な解決策が無い状態で、どんどん問題が表に出て来ている。



スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済
原発:事故対応・健康対策    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://keydoor.blog.fc2.com/tb.php/20-a22e2f14

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。