★★★反原発・反二酸化炭素排出権ビジネス 京都議定書日本の支払額 約2.78兆円
http://blog.trend-review.net/blog/2008/06/000738.html
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索

カテゴリ
リンク
プロフィール

 Executive Order 11110

 Executive Order 11110

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
天気予報

  真実を読み解く
「 2011年08月 」 の記事一覧
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.08.17 Wed 09:05
政府の原子力予算、4割が周辺自治体へ
原子力予算10年で4.5兆円、その4割1.8兆円が地元対策
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1313329270/
・政府の原子力関係予算 2002年度から10年で4.5兆円 内、4割が「立地対策費(周辺自治体へ)」
※建前:予算上は国のエネルギー対策特別会計から支出されている
※実態:財源は、主に各電力会社が販売電力量に応じて支払う電源開発促進税(電気料金に上乗せされ、消費者が負担している)

※交付金は、学校や体育館など公共施設の建設に使途が限られていたが、国は03年度に医療、福祉などソフト事業にも使えるよう法改正した。経産省などは04年度以降も、法改正を必要としない規則の改正で交付範囲を拡大。06年度からは運転開始30年超の古い原発が立地する福井、福島両県などを対象に、新たな交付金の支給も始めている。

原発の周辺自治体に落ちる金は、年間でだいたい2,000億円前後。一般会計ではなく、特別会計にて支給されている。自分達の町を土地を差し出すには、あまりにも安い金額と言わざるを得ない。そして、次々とハシゴを外されていく、原発周辺の市区町村・・・・・。この先、もらった金額とは比較にならない程の代償を払っていくことになる。




スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済
原発:事故対応・健康対策    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.08.17 Wed 08:50
すぎやまこういち「喫煙バッシングに歯止めかけたい」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1313515436/
「喫煙バッシングに歯止めかけたい」ですか・・・
すぎやまこういちというと、ドラクエの作曲をした、ゲーム機世代から見れば、いわばヒーローのような存在だった。それが今や、こんなに世間の価値観とずれてしまった・・・。任天堂の没落とも姿が重なる。世の中というものは、こんな変わるものなのだと、感慨深いものがある。




myニュースメモ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.08.17 Wed 08:44
六ヶ所村の真実 +河野太郎、脱原発を訴える(でも、TPPには大賛成)
ブルームバーグに良い記事が出ていた↓
放射性廃棄物、英から震災後初の受け入れへ
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1313455733/

=重要点=
・六ヶ所村の使用済核燃料  容量:3000t  現在:2834t
・六ヶ所村の高レベル放射性廃棄物  容量:専用容器5880個  現在:2300個分確定 ※1個1t
  ⇒事故前には54基の原発から年間1000トンの使用済み核燃料が発生していた

東電は青森県むつ市に使用済み核燃料の中間貯蔵施設を建設し、5年分5000トンの貯蔵スペースを確保する予定だった。
しかし、福島第一原発事故以後、建設は中断されている。

◆会見をしたのは河野太郎。この人は、自民党の中で反原発の旗本のような役割を演じているが、実は、国際資本の完全なる走狗である。
http://keydoor.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
目に見える部分に、それほどの意味は無い。目には見えない、部分。そこに、本質がある。


六ヶ所村の真実
原発Nチャンネル12 地震と原発本当に怖い話(4-3)
この動画の 01:15~02:45
http://www.youtube.com/watch?v=NySeNLW9iYc&feature=related

どちらにせよ、戦勝国連合の間では、原発廃絶の方針は元からの確定事項であり、世の中の流れである。
http://quasimoto.exblog.jp/15250549/




原発:事故対応・健康対策    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.08.17 Wed 08:15
会津若松の雨水升の汚泥から18万Bq
福島地裁会津若松支部(福島県会津若松市)の敷地内にある側溝の一部で採取された汚泥から、1キログラム当たり約18万6千ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが16日、分かった。福島地裁(福島市)が明らかにした。支部は東京電力福島第1原発から西に約100キロ。今後、県や会津若松市の指導を受け除去する方針。
(中略)
 政府は10万ベクレルを超える汚泥はコンクリートなどで遮蔽して保管することを求めており、今回の汚泥はそれを超えるレベル。

 福島地裁によると、セシウムが含まれる汚泥が見つかったのは側溝から水が流れ込む数十センチ四方の「雨水升」。清掃を依頼された業者が、雨水升にたまった汚泥が除去できる放射線量か調べるため、検査機関に持ち込み、今月11日に判明した。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事には、Bqの単位が書いていない。恐らくはBq/kgだと思われる。

◆ポイント
国の焼却灰・汚泥の処理基準
・8000Bq/kg以上・・・埋め立て出来ず。倉庫などで保管する必要がある。←現在、見直し中
・10万Bq/kg以上・・・埋め立て出来ず。コンクリートなどで遮蔽した上で保管する必要がある。




原発:事故対応・健康対策    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2011.08.17 Wed 08:13
汚泥⇒焼却灰でどれだけ濃縮するか
最近、問題になりつつある、ゴミの焼却場やスラッジプラントの焼却灰であるが、汚泥⇒焼却灰にする過程でどれだけ放射性物質が濃縮するのかを知る上で、参考になる資料があった。

http://savechild.net/archives/7190.html




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
原発:事故対応・健康対策    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。